日本アジアグループ株式会社

かせの文庫

 先生の研究は、地質学は現地をよく観察することが基本であるとの考えのもとに、一貫してフィールドワークを基礎とする、いわば古典的な手法によるものでした。また、資料・情報を広く収集してそれらを整理してまとめる。その中から問題点を適切に把握して次の方向を示唆する、そういう面では格別の才能を持っておられました。その裏には、平素の弛まぬ研鑚・勉強があったことが、残された多くのメモやノートから伺えました。

 先生は仕事上を含めてその生き方はある意味では頑固で保守的だったといえるかも知れません。しかし、他人に対しては極めて寛容でありました。後輩・学生には物を良く見、事実に即して素直に考えることを求められる以外には、自らの考えや手法を強制されるようなことは決してありませんでした。

 先生は研究・指導の傍ら地域への貢献にも熱心で、地質・地下水・温泉・自然環境の面について懇切な指導・助言・意見で対応されるとともに、地質図・地質誌などの貴重な資料を多く作成されました。また博識多才で豊かな詩情、視野の広さを持ち、交流範囲が広く、加えて非常に筆まめで、還暦から5年毎に私家版文集を4冊作成されています。何かを残すことに努めておられたのだと思います。

 先生は読書家でした。残された書籍類は膨大な数でした。地学とその関連分野に限ってみても、和洋の専門書2600余冊、地質図類400余種、学会誌・論文集2200冊余でした。数百人分の別刷類のうち200人に近い方のものが製本されており、さらに、直接・間接に関与された主に石川県内の地質・地下水・温泉・自然環境等に関する未公開の調査・会議資料も少なからず保存されていました。散逸を防ぎ、後で役に立つようにとの思いがあったものと思われます。



平成16年11月1日
株式会社 エオネックス
代表取締役 市山 勉

サイトマップ

ウェルシステム

▶プランニング

 

 

▶温泉調査

・空中写真判読  ・地表地質踏査  ・自然放射能探査  ・電気探査  ・電磁探査  ・総合解析  
・掘削地点・温泉井戸構造の検討  ・温泉審議会提出書作成

 

▶温泉開発工事

・仮設作業  ・掘削工事  ・物理検層  ・総合解析・検討  ・ケーシングパイプ挿入  
・揚湯試験  ・温泉中分析

 

▶温泉井戸のメンテナンス

・事前調査  ・課題の抽出と調査計画の策定  ・実態調査  ・調査結果の解析と対策工法の検討  
・修繕工事

 

▶地熱開発

・広域調査  ・概査  ・精査  ・発電所建設  
・運転開始後 ・許可申請

設備

▶省エネサービス

・省エネサービス概要  ・水道光熱費無料診断  ・水道光熱費の削減
・補助金を活用した早期投資回収

 

▶温泉設備工事

・源泉揚湯ポンプ  ・温泉処理設備  ・制御盤・管理機器  ・送湯設備  
・温泉スタンド  ・浴槽循環ろ過設置

 

▶温泉設備のメンテナンス

・源泉揚湯ポンプ  ・温泉処理設備  ・制御盤・管理機器  ・送湯設備  
・温泉スタンド  ・浴槽循環ろ過設置  ・運用データ解析

地圏環境

▶地盤調査

・地表踏査  ・空中写真判読  ・GISを用いたデータ解析  ・調査ボーリング  ・物理探査  
・サウンディング  ・原位置試験  ・室内試験  ・安定解析  ・沈下解析  
・情報化施工、計測、管理

 

▶地下水(水文)調査

・水文地質解析  ・揚水量集計  ・地下水位観測  ・水質調査  
・水文調査及び地下水障害調査  ・地下水シュミレーション  ・地下水管理  ・水源、温泉源調査

 

▶斜面防災

・砂防基礎調査  ・道路災害  ・地すべり調査  ・地すべり対策工事  ・移動、地下水監視

 

▶ストックマネジメント

・既設構造物老朽化調査  ・機能保全計画書作成

 

▶地中熱

・ヒートポンプ

環境調査

▶環境分析

・水環境  ・水道水  ・温泉水  ・土壌・底質  ・底質・沿岸海域  ・産業廃棄物  
・騒音振動調査  ・作業環境測定  ・大気環境測定  ・石綿(アスベスト)調査・分析  
・放射能測定  ・保有機器

 

▶土壌・地下水汚染

・地歴情報システム  ・調査計画の立案  ・土壌汚染状況調査
・土壌汚染詳細調査  ・掘削除去装置  ・原位置浄化措置

会社案内

▶会社案内

・ご挨拶  ・企業コンセプト  ・会社概要  ・EONEX由来  ・経営理念  ・組織図  ・沿革  
・有資格者  ・ISO  ・採用情報  ・リンク  ・アクセス  ・一般事業主行動計画  
・お知らせ一覧  ・プレスリリース  ・お問い合わせ

 

▶コンテンツ

・社長エッセイ  ・Eonex Blog  ・かせの文庫

 

▶商品一覧

・ウェルシステム  ・省エネサービスセンター  ・地圏環境部  ・分析センター