日本アジアグループ株式会社

HOME » 業務案内 » ウェルシステム » 温泉開発工事

ウェルシステム部

温泉開発工事

1.仮設作業

設営

設営は、掘削作業を実施する前の準備作業です。特にこの段階で現場周辺の状況を判断し、防音・振動対策及び泥水の飛散防止などの対策を行います。

温泉開発工事に使用される機材は地下千数百mにも及ぶ掘削能力を有する為、使用される櫓、ボーリングマシン、泥水ポンプなど主要な機材は大規模なものばかりです。その為、それら機材を配置するにはある程度大きなスペースが必要になります。
周辺の状況により、殆どの現場が限られたスペースでの作業となります。仮設作業ではこれらの機材を作業敷地にあわせて、以降の作業が効率よく進むようにセッティングしていきます。

温泉掘削工事機材配置の一例

2.掘削工事

工事

工事は、主に掘削作業になります。ここでは、温泉調査で得られたデーターと照合しながら作業を進め、最終の仕上げに進んで行きます。

温泉開発での掘削工法は近年、機械の大型化によりトリコン工法が主流です。トリコン工法は掘進率が高く、大孔径での仕上げが可能です。掘削中は掘削状況・湧逸水状況・地質状況を入念にチェックする事が温泉開発のキーポイントとなります。
近年、都市部での現場が多くなってきており、当社では『近隣の皆様方の理解と協力』が温泉開発成功の第一のポイントと考え、騒音・振動対策に対して特に力を入れて取り組んでいます。
現場周りは万能塀による仮囲いおよび防音シートなどによる遮音対策などを行なっています。また、当社はショックサブ(振動吸収装置)を多数保有しており、あらかじめ振動の激しいと予想される地区や極近隣に民家がある場合などでは、ショックサブを取り付け、振動対策を行なっています。


■ 万能塀による仮囲い及び遮音壁設置 ■ 温泉掘削現場内の様子 ■ ショックサブ(振動吸収装置)及びトリコンビット

■ 防噴装置 blow‐out preventer(BOP)

BOPは坑井掘削中又は坑井仕上げ作業中に、ガス層などからの暴噴を地上部で密閉し防止する装置です。またBOPは不意に発生する暴噴に対しても、迅速かつ確実に密閉し防止することが可能です。当社では、ガス層などの影響が想定される地域においては、防噴装置(BOP)を設置しています。

■ 防噴装置 blow‐out preventer(BOP)


3.物理検層

掘削終了後に物理検層(温度・電気・その他)を実施します。
温度検層は、孔内の地温(温度)変化を連続的に計測し、電気検層は地層の性質・層厚を調べるとともに、帯水層の位置とその地質(亀裂帯)の状況を計測します。これらの検層結果を掘削中の地質状況と対比させ温泉開発の検討資料とします。


温泉ボーリング柱状図 検層柱状図

■ ウェルドック2による検層実施状況 ■ ウェルドック内部の検層風景

4.総合解析・検討

■ データ解析作業中

掘削中に得られた地質状況、逸泥、水位の変化、温度状況をとりまとめた地質柱状図と、物理検層の結果を総合的に解析して、温泉開発の可能性を検討し、ストレーナー配置計画を立案します。


5.ケーシングパイプ挿入

孔内の保護や温泉の採取を目的として、ケーシングパイプの設置を行ないます。また、浅部からの冷水の浸入を防止するために、上部ケーシングパイプには外周部のセメンチングやベルカラー(遮水装置)を使用して、確実に遮水します。

■ ケーシングパイプ挿入 ■ ストレーナーパイプ

6.揚湯試験

試験

井戸の能力や特性を把握するために、揚湯試験や温泉分析試験を行います。最終的に温泉中分析を受けた後に温泉としての公式な登録を受けます。

湧出した温泉の能力を調べるために揚湯試験を行ないます。試験は段階・連続・回復試験を実施し、湯量・温度・水位を測定するとともに、適正な揚湯量を検討し、長期に渡り安定して温泉を利用していただくための資料としています。


■ 段階揚湯試験結果グラフ ■ 連続揚湯試験結果グラフ

7.温泉中分析

■ 温泉中分析

当社は平成17年3月31日に温泉成分分析機関に認定されました。 中分析では、今まで蓄積してきた多数のノウハウをもとに、開発した温泉の成分の特徴を詳細に検討し、有効利用やメンテナンス計画を作成します。


サイトマップ

ウェルシステム

▶プランニング

 

 

▶温泉調査

・空中写真判読  ・地表地質踏査  ・自然放射能探査  ・電気探査  ・電磁探査  ・総合解析  
・掘削地点・温泉井戸構造の検討  ・温泉審議会提出書作成

 

▶温泉開発工事

・仮設作業  ・掘削工事  ・物理検層  ・総合解析・検討  ・ケーシングパイプ挿入  
・揚湯試験  ・温泉中分析

 

▶温泉井戸のメンテナンス

・事前調査  ・課題の抽出と調査計画の策定  ・実態調査  ・調査結果の解析と対策工法の検討  
・修繕工事

 

▶地熱開発

・広域調査  ・概査  ・精査  ・発電所建設  
・運転開始後 ・許可申請

設備

▶省エネサービス

・省エネサービス概要  ・水道光熱費無料診断  ・水道光熱費の削減
・補助金を活用した早期投資回収

 

▶温泉設備工事

・源泉揚湯ポンプ  ・温泉処理設備  ・制御盤・管理機器  ・送湯設備  
・温泉スタンド  ・浴槽循環ろ過設置

 

▶温泉設備のメンテナンス

・源泉揚湯ポンプ  ・温泉処理設備  ・制御盤・管理機器  ・送湯設備  
・温泉スタンド  ・浴槽循環ろ過設置  ・運用データ解析

地圏環境

▶地盤調査

・地表踏査  ・空中写真判読  ・GISを用いたデータ解析  ・調査ボーリング  ・物理探査  
・サウンディング  ・原位置試験  ・室内試験  ・安定解析  ・沈下解析  
・情報化施工、計測、管理

 

▶地下水(水文)調査

・水文地質解析  ・揚水量集計  ・地下水位観測  ・水質調査  
・水文調査及び地下水障害調査  ・地下水シュミレーション  ・地下水管理  ・水源、温泉源調査

 

▶斜面防災

・砂防基礎調査  ・道路災害  ・地すべり調査  ・地すべり対策工事  ・移動、地下水監視

 

▶ストックマネジメント

・既設構造物老朽化調査  ・機能保全計画書作成

 

▶地中熱

・ヒートポンプ

環境調査

▶環境分析

・水環境  ・水道水  ・温泉水  ・土壌・底質  ・底質・沿岸海域  ・産業廃棄物  
・騒音振動調査  ・作業環境測定  ・大気環境測定  ・石綿(アスベスト)調査・分析  
・放射能測定  ・保有機器

 

▶土壌・地下水汚染

・地歴情報システム  ・調査計画の立案  ・土壌汚染状況調査
・土壌汚染詳細調査  ・掘削除去装置  ・原位置浄化措置

会社案内

▶会社案内

・ご挨拶  ・企業コンセプト  ・会社概要  ・EONEX由来  ・経営理念  ・組織図  ・沿革  
・有資格者  ・ISO  ・採用情報  ・リンク  ・アクセス  ・一般事業主行動計画  
・お知らせ一覧  ・プレスリリース  ・お問い合わせ

 

▶コンテンツ

・社長エッセイ  ・Eonex Blog  ・かせの文庫

 

▶商品一覧

・ウェルシステム  ・省エネサービスセンター  ・地圏環境部  ・分析センター