株式会社エオネックス > 環境・調査 > 土壌汚染 > 油汚染

油汚染

非分散形赤外分析方式の卓上形油分濃度計

非分散形赤外分析方式の卓上形油分濃度計

油汚染に対する指針として「油汚染対策ガイドラインー鉱油類を含む土壌鬼起因する油臭・油膜問題への土地所有者等による対応の考え方」が制定されています。

非分散形赤外分析方式の卓上形油分濃度計 GC-FID法によるTPHs分析

土壌油分調査

油汚染対策ガイドラインに基づく、土壌及び地下水中の油膜、油臭、ガスクロマトグラフ(GC-FID)法による全石油系炭化水素(TPHs)分析により、油分がガソリン、灯油、軽油、重油、機械油等のうち何であるかの定性分析や、濃度を測定する定量分析を行っております。また、非分散形赤外分析方式の卓上形油分濃度計を保有しており、ノルマルヘキサン抽出物とあわせて油分の種類や目的に応じた調査を行っております。

「環境事業」のお問い合わせは環境事業部 地圏環境部まで

076-293-1010(直通)
(平日 8:30〜17:30)

環境NEWS

すべてをみる