株式会社エオネックス > 環境・調査 > 土壌汚染 > 土壌・地下水汚染(土壌汚染対策法)

土壌・地下水汚染(土壌汚染対策法)

環境大臣より指定調査機関としての認可を得て、調査計画立案、土壌汚染状況調査、試料分析、汚染対策のコンサルティングまで一貫したサービスをご提供します。

土壌汚染調査が発生するケース

  • 有害汚染調査が発生するケース(土壌汚染対策法第3条)
  • 一定規模以上の形質変更の届け出(土壌汚染対策法第4条)
  • 都道府県知事による命令があった時(土壌汚染対策法第5条)
  • 自主調査(土地の売買時など)

特定有害物質(26物質)

第一種特定有害物質 12物質 第二種特定有害物質 9物質 第三種特定有害物質 5物質
  • クロロエチレン
  • 四塩化炭素
  • 1,2-ジクロロエタン
  • 1,1-ジクロロエチレン
  • シス-1,2-ジクロロエチレン
  • 1,3-ジクロロプロペン
  • ジクロロメタン
  • テトラクロロエチレン
  • 1,1,1-トリクロロエタン
  • 1,1,2-トリクロロエタン
  • トリクロロエチレン
  • ベンゼン
  • カドミウム及びその化合物
  • 六価クロム化合物
  • シアン化合物
  • 水銀及びその化合物 アルキル水銀
  • セレン及びその化合物
  • 鉛及びその化合物
  • 砒素
  • ふっ素及びその化合物
  • ほう素及びその化合物
  • シマジン
  • チオベンカルブ
  • チウラム
  • ポリ塩化ビフェニル(PCB)
  • 有機りん化合物

業種ごと使用(主な例)有害物

業種 有害物質
化学工業 クロロエチレン、カドミウム、鉛、砒素、総水銀、トリクロロエチレン、ベンゼン 等
鉄工業、金属製品製造業 クロロエチレン、カドミウム、全シアン、鉛、砒素、総水銀、六価クロム、1,1,1-トリクロロエチレン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン 等
非金属製品製造業 クロロエチレン、カドミウム、鉛、砒素、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン 等
電気機械器具製造業 クロロエチレン、鉛、シス1,2-ジクロロエチレン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン 等
洗濯業 クロロエチレン、1,1-ジクロロエチレン、シス1,2-ジクロロエチレン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン 等
医療業 カドミウム、鉛、六価クロム、砒素、総水銀 等
ガス業 全シアン、鉛、砒素、総水銀、ベンゼン 等

土壌汚染調査の流れFlow

1.地歴調査

地歴調査

地歴情報システム

当社では過去の土地利用をデータベース化しているため、すぐに”土地の履歴”がわかります。 土地履歴をもとに土壌汚染に対するリスク評価をします。

地歴データから読み取れること

住宅地図
近隣所有者を確認
地形図
自然の作用によって形成された地表の形態を確認
航空写真
対象地の配置を確認

2.調査計画の立案

調査計画の立案2

試料採取地点の設定

汚染の可能性の高さごとに定められた区画で調査を行います。

3.土壌汚染状況調査

土壌ガス調査

計画に基づき、現地で試料を採取します。 採取した試料を当社の分析センターで分析、特定有害物質の有無を調べます。

土壌ガス調査

トリクロロエチレン等の揮発性有機化合物(=第一種特定有害物質)が存在する可能性がある場合、土壌ガスを採取し、それらの濃度を測定します。

表層土壌調査

第二種特定有害物質と第三種特定有害物質の調査では、表層(地表から5cm)の土壌と、5~50cmまでの深さの土壌を採取、混合したものを試料とし、土壌汚染の存在と汚染の面積を調査します。

4.詳細調査

詳細調査

状況調査をもとに、詳細調査の必要があるポイントを特定。汚染の広さや深さを詳しく調査します。

土壌汚染調査用マシーン(gaia)

詳細調査には、二重管式貫入型の高精度機械を導入。 自走用クローラ、油圧式アウトリガ装置、ロッドの継ぎ足し部のワンタッチ機構、油圧式レバー操作、泥水を使用しない打撃式試料採取機械を採用したことにより、施工効率が飛躍的なアップ。 高い安全性、施工スピード、低コストが実現されました。

5.対策措置

汚染土壌を除去、土地を安全な状態にします。

対策措置

土壌汚染状況調査及び詳細調査の結果、土壌の汚染状態が指定基準を超過した場合は、汚染の除去等の措置が必要になります。 お客様の状況に合わせた最適なプランをご提案させて戴きます

「環境事業」のお問い合わせは環境事業部 地圏環境部まで

076-293-1010(直通)
(平日 8:30〜17:30)

環境NEWS

すべてをみる