株式会社エオネックス > 環境・調査 > 地盤調査 > GPSによる24時間計測情報提供サービス

GPSによる24時間計測情報提供サービス

近接施工による周辺への影響や長大斜面などでの斜面崩壊などの問題が多く発生しています。
エオネックスは、GPSを用いた表面変異の観測、傾斜計や沈下計など各種計測機器を用いた観測により、安全で効率的な施工管理をご提供いたします。

サービス概要

GPSを用いた24時間連続計測・監視・計測情報提供サービスで、高精度の計測情報を安価な月額料金で提供いたします。
トレンドモデルによる解析により、高精度(約2mm)な三次元の計測が可能です。
監視センターの専門職員が24時間監視する体制を整備しており、現場作業を協力にバックアップいたします。
計測データは、自動的に解析・整理され、下記のようなグラフや一覧表が、インターネット上でいつでもどこでも確認することができます。
日本道路公団をはじめ、国土交通省などの現場で実績が豊富です。

計測情報提供サービスの例

下記は提供データの一例です。お客さまのご要望に応じた表示設定が可能です。

現場計測が困難な場所に

  • 頻繁に立ち入りができない現場
  • 大規模で広範囲な監視が必要な現場
  • 切土、盛土施工などにより不安定な斜面
  • トンネル抗口等の地すべり監視
  • ダム湛水域の地すべり監視
  • 近隣施工の変状監視
  • 長期間で24時間体制の監視が必要な現場

「環境事業」のお問い合わせは環境事業部 地圏環境部まで

076-293-1010(直通)
(平日 8:30〜17:30)

環境NEWS

すべてをみる