株式会社エオネックス > 環境FAQ > PCB分析 > 廃電気機器(トランス・コンデンサ等)を廃棄したい。

廃電気機器(トランス・コンデンサ等)を廃棄したい。

最終更新日:2017年9月12日 火

トランスやコンデンサ等の廃電気機器には有害性物質であるPCB(ポリ塩化ビフェニル)を含む絶縁油が封入されているおそれがあるため、廃棄する前にPCBの有無の確認が必要です。
高濃度のPCBを含有する変圧器・コンデンサー等は電気機器に取り付けられた銘板に記載された製造年とメンテナンスの実施履歴等を確認することで判別できますが、それ以外の低濃度PCBの有無は実際に電気機器から絶縁油を採取して測定しなければ判定できません。
当社では絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル(2.1.1 高濃度硫酸処理/シリカゲルカラム分画/キャピラリーガスクロマトグラフ/電子捕獲型検出器(GC/ECD)法)による方法でPCB分析を行っております。お客様自身で採取できるキットもご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

「環境事業」のお問い合わせは環境事業部 分析センターまで

076-238-9685(直通)
(平日 8:30〜17:30)

環境NEWS

すべてをみる