株式会社エオネックス社員ブログ次期ムツゴロウの会 活動報告(eonex blog)

次期ムツゴロウの会 活動報告(eonex blog)

最終更新日:2020年1月28日 火

(株)エオネックス 環境事業部 営業部 黒田 歩実 

2019年12月下旬に地圏環境部のTさん、Mさん、Nさんと私の4名で
石川県白山市にあるふれあい昆虫館と能美市のいしかわ動物園に行ってきました。

ふれあい昆虫館に入ると、最初に様々な昆虫の標本が展示してありました。
標本をじっくり観察するのは初めてで、蛾の触角がふさふさしていて愛らしく感じました。
チョウがたくさん飛んでいる温室を抜けて2階に登ると小さいクリスマスツリーが展示されており、
オオゴマダラのさなぎが装飾されていました。
さなぎは塗装されたかのような輝く黄金色をしていてとても驚きました。

20分程のふれあいタイムではマダガスカルオオゴキブリに触ることができました。
体長は7センチくらいのマダガスカルに生息するゴキブリです。
家庭で嫌われているゴキブリとは異なり、綺麗なところに生息するそうです。
恐る恐る手の平に乗せてみたら意外とかわいく、ペットとして飼育したいと思うくらい愛着が湧いてしまいました。
また、ふれあいコーナーではナナフシやオオゴマダラの幼虫に触ることができました。

年齢を重ねると共に虫が苦手になり嫌悪していたのですが、
今回のふれあいタイムがきっかけで虫に触れるようになったのが嬉しかったです。
入場料は大人1名410円とお手頃にも関わらず、ここでしか味わえない貴重な体験ができました。
季節によって展示内容が変わるので別の時期にも来てみたいと感じました。

いしかわ動物園では、カメレオンの食事を間近で見ることができました。
舌を伸ばしてコオロギをつかみ取る場面は一瞬で、カメラのシャッターでも追えないくらい早かったです。
カメレオンのメスは土に潜って産卵をする等の意外な生態を学べました。
猛獣ゾーンではライオンが急に吠え出し、それに答えるように別の建物のライオンが吠え出す場面に遭遇しました。
低音のきいた迫力のある唸り声を聞けてドキドキしました。

後半は時間がなくなってしまい、早足での散策となってしまいましたが、
2時間半かけて園内を周ることができました。
気温が低かったためか昆虫館、動物園共に来場者は少なめでしたが、子供連れの親子を多く見かけました。
レジャー施設は子供の時に行くのも楽しいですが、大人になってから時間をかけて周るのも違った楽しみができると思いました。

次回の活動は未定ですが、
個人的には河北郡津幡町の森林公園か福井県勝山市にある恐竜博物館に行きたいです。