株式会社エオネックス > 社員ブログ > 金沢の地下巡り(eonex blog)

金沢の地下巡り(eonex blog)

社員ブログ 2021年2月16日 火

(株)エオネックス ウエルシステム部 天満

上の写真は、会社から車で30分程に位置する内灘大橋から会社に向かって平野を撮影した写真です。
金沢には数十もの温泉があり、それらの多くは、地表より下、数百~千数百メートルから温泉が湧出しています。
平野を掘削すると、卯辰山層、大桑層、高窪層、犀川層、朝ヶ谷層、砂子坂層、
医王山層、岩稲層、楡原層などと呼ばれる、
順に、数十万年~二千万年位前の地層に遭遇しますが、
これらは、平野に暮らしていると目にすることはできません。
下の図は、地層の模式地(標準となる露頭がみられる特定の地域)をプロットしています。
関係する地質の論文もネット上で検索できます。
土地が改変されていたり、写真が白黒であったりと、ピンポイントで見つけるのは「宝さがし」のようです。
各模式地で展示や案内があればいいのに、とも思いますが、皆さんも一度されてはいかがですか?