株式会社エオネックス > 社員ブログ > エオネックスが位置する大浦地区に住む私の独り言(eonex blog)

エオネックスが位置する大浦地区に住む私の独り言(eonex blog)

社員ブログ 2021年2月26日 金

(株)エオネックス メンテナンス部 宮

*今いるこの場所大浦地区は72年前の1949年に河北郡から金沢市
に編入しました、当時の集落は木越村、大浦村、東蚊爪村です。
*名前の由来と近年の移り変わりについて 独り言。
1- 集落の名前の由来
・木越  750年前 源氏の武将 木越三郎正秀の子孫が移り住んで
     木越となりました。
・大浦  550年前 当時の大浦は河北潟の入江のほとりにありました、
     このような地形を表す 大きな浦⇒大浦となりました。
・東蚊爪 1300年前 奈良時代に創建された須岐神社があります、
     能登の国と加賀の国の境界にあるのが浅ノ川の河口です、
     加賀の国の端にあるので‘加賀爪’となりました。
     江戸時代になり加賀藩より津幡の加賀爪と同名でまぎわらしい
     とのおふれが出て、浅ノ川の東にあるので東蚊爪となりました。
2-近年の移り変わり
     エオネックスが位置するこの場所は60年前 水郷地帯で
     秋になると稲穂の黄色が目に焼き付きます。
     又すぐ後ろには改修前の浅ノ川が流れていました。
     河北潟干拓後 1968年に金沢木材協同組合ができました。
     1972年には運転免許センターと消防学校が移転してきました。
     その後金沢清湖工業センターができ エオネックスが移転して
     現在の多く人々が集う賑わいのある場所となっています。